男性のための離婚相談

離婚に関する弁護士への相談内容はさまざまです。男性からの相談内容の例としては、次のようなものがあります。

男性からの相談例

  • ・妻が毎日ヒステリーを起こすので別居したいが、どのような段取りで進めたらよいか
  • ・浮気がばれて、妻から高額な慰謝料を請求されている
  • ・暴力など振るったことはないのに、DVだと主張されて離婚を迫られている迫られている
  • ・妻が浮気をしているので離婚したいが、親権をとれるのか
  • ・妻が財布を握っており、毎月給料のほとんどを引き出している。離婚の際には財産分与として返してもらいたい
  • ・別居した妻が、子どもと会わせてくれない
  • ・決定的な離婚理由はないが、とにかく価値観が合わないので、離婚したい
  • ・家では妻から邪魔者扱いされ、そのせいで子どもも自分になつかない
  • ・好きな人ができた。妻とは冷えた関係だったのに、離婚に応じてくれない
  • ・妻から、突然離婚を要求されたが、なぜだか分からない
  • ・妻からのモラルハラスメントに耐えられない

 離婚というと夫側の視点での情報は少なく、また、男性は夫婦関係に関する悩みをなかなか他人や親族に相談しづらいこともあり、一人で悩みを抱え込んでしまう方も多いと思います。
 また、夫側は、一般的に、婚姻費用や財産分与などを支払う側なので、妻側よりも、より注意が必要であり、経験のある弁護士に依頼することが望ましいです。当事務所は、このような悩みを抱えた男性側からの離婚相談も数多く承っております。

 早期に弁護士に相談し、事前に準備することが、その後の交渉を大きく左右することもあります。

当事務所の強み

夫側、妻側、それぞれの代理人の立場の経験がある

 交渉や訴訟を有利に進めていくためには、相手側目線に立つことも重要なのです。当事務所は、夫側、妻側の双方の案件を数多く経験しております。

訴訟案件が豊富

 訴訟までせずに早期に協議離婚したい場合でも、交渉の戦略を立てるためには、訴訟での勝敗の見通しを立てることが必要です。例えば、「強気の交渉をしていいのか」、それとも「譲歩してでも早期に示談した方がいいのか」は、「訴訟で勝てそうなのか」、「敗色濃厚なのか」に左右されます。
 また、強気な交渉をするためには、訴訟で使える証拠を早めに確保しておくことも必要です。

 当弁護士事務所では、離婚訴訟の経験が豊富だからこそ、適切なアドバイスをすることができます。

当事務所のスタンス

離婚を請求している側、離婚を拒否したい側、どちらからのご相談・ご依頼も受けます。
離婚の悩みは人それぞれですから、法律上、不利な立場だからといって、それだけでご依頼を断るということはありません。

 例えば、「離婚をしたいが決定的な離婚理由がない」という場合や、「浮気がばれ、証拠もとられているので、裁判では不利な立場だけれど、何とか離婚したい」という場合、他の弁護士事務所では「無理ですね。」と断られてしまったという男性の案件もあります。そういった方が、諦めかけていたところを、たまたま当弁護士事務所に相談に訪れ、受任に至った、ということもよくあります。

 諦めずにぜひ、上大岡法律事務所にご相談ください。

 

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例