婚姻費用

IMG_48450001

 婚姻費用とは、日常の生活費や子にかかる費用等、夫婦が夫婦として生活していくために必要な費用のことです。

 夫婦である以上は別居中であっても、離婚が成立するまでは婚姻費用を分担する義務がありますので、収入のある(多い)方が、ない(少ない)方に婚姻費用を支払うことになります。

 別居はしたいけれど、収入がないので生活が成り立たないという方もいらっしゃると思いますが、婚姻費用を収入のある相手に請求できますので、諦めないでください。

 相手が任意に支払ってくれない、または支払ってくれるが金額が少なすぎるというときは、直ちに家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てましょう。調停が成立するのに数か月かかったとしても、申立てをしたその月から調停が成立する月までの分は一括で、翌月からは月々決まった金額を支払ってもらえることになるので、できる限り早く申し立てた方がいいのです。

 調停はあくまで双方の合意が必要ですが、調停で金額の折り合いがつかないときは、審判という手続に移行して、裁判所が婚姻費用の金額を決めてくれます。相手がその金額に納得せず、任意に支払ってくれなくても、審判で決まった場合は、給料の差押え等をして強制的に婚姻費用を回収することができます。

 婚姻費用の額は、夫婦双方の収入から算出されます。相手の収入の半分をもらえるというわけではありません。家庭裁判所が作成した「婚姻費用算定表」という基準となる表があります。個々の事情を考慮して、この表の金額に足し引きすることはありますが、調停では基本的にこの表に従った金額を元に話し合いが進みますし、審判でもほとんどはこの表を元に金額が決められます。


法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例