解決事例

当事務所で実際に解決した事例をご紹介いたします。
事例をご紹介することにより、トラブルの防止や解決のお役に立つことができれば幸いです。
なお、プライバシーに配慮し、依頼者の方の属性(年齢、家族構成等)を、実際の事案から一部修正してあります。

DVの事案で調停離婚した事例

依頼者属性 30代女性 相手方属性 30代男性 子どもの人数 0人 手続きの種類 交渉、DV保護命令、調停 主な争点 財産分与、慰謝料   【依頼の経緯】 夫から継続的に暴力を受けていたことから、別居しDV保護命令を得た。しかし、その後も夫から依頼者や依頼者の親族等へ接触があった。また、離婚したいが、自身では交渉できないとのことで相談、依頼された。    【当
続きを読む >>

控訴審で高額の和解金を受領して和解離婚した事例

依頼者属性 40代女性 相手方属性 40代男性 子どもの人数 0人 手続きの種類 調停、訴訟 主な争点 離婚原因の有無   【依頼の経緯】 夫が半ば依頼者を追い出す形で、別居を強行し、離婚を請求してきた。依頼者は、離婚の意思はなく、婚姻継続を希望していたことから当事務所の弁護士に相談、依頼された    【当事務所の対応】 当事務所の弁護士が代理して、
続きを読む >>

有責配偶者からの離婚請求において早期離婚を成立させた事例

依頼者属性 男性 会社員 30代 相手方属性 女性 会社員 30代 子どもの人数 2人 手続きの種類 協議離婚 主な争点 離婚するかしないか(有責配偶者からの離婚請求) 【依頼の経緯】 依頼者である夫は不倫の証拠を妻にとられており、いわゆる「有責配偶者」であった。不倫の時点では既に夫婦中は冷め切っていたのであるが、夫の離婚請求に対し、妻は不倫の証拠をもとに、慰謝料として法外な額を要求し
続きを読む >>

有責配偶者からの離婚請求において、交渉で離婚を成立させた事例

依頼者属性 男性 会社員 50代 相手方属性 女性 会社員 50代 子どもの人数 すでに成人した子が1人 手続きの種類 協議離婚 主な争点 離婚するかしないか(有責配偶者からの離婚請求) 【依頼の経緯】  当事務所に依頼する前に別の法律事務所に依頼していたが、依頼者はいわゆる「有責配偶者」であったため、離婚訴訟で敗訴してしまい、その後の離婚交渉も進まないので弁護士を変えたい
続きを読む >>

調停段階で詳細な主張書面を提出し、調停を取り下げさせた事例

依頼者属性 男性 会社員 60代 相手方属性 女性 会社員 60代 子どもの人数 1人 手続きの種類 調停取り下げ 主な争点 財産分与額 【依頼の経緯】  妻から離婚したいと切り出され、調停を起こされたが、夫は離婚したくないということで依頼を受けた。 【当事務所の対応】  妻は離婚と同時に高額の財産分与を求めていた。夫としては、離婚を阻止し、もし離婚を阻止できなければ、可能
続きを読む >>

法的手続を最大限に利用(保全、調停、訴訟、執行)した事例

依頼者属性 女性 無職 20代相手方属性 男性 無職 30代子どもの人数 0人手続きの種類 裁判上の和解離婚主な争点 離婚原因の有無、財産分与額、慰謝料 【依頼の経緯】  夫が仕事をせず、生活が困窮した。離婚したいが、夫が話し合いに応じないとのことで依頼された。なお、依頼者が家を出る形で既に別居していた。 【当事務所の対応】  みるべき財産は、自宅不動産のみであったことから、財産分与請求権
続きを読む >>

子どもの福祉を考慮し依頼者である父親が親権を獲得した事例

依頼者属性 男性 会社員 30代 相手方属性 女性 主婦 20代 子どもの人数 1人 手続の種類 裁判上の和解離婚 主な争点 父親と母親の親権争い 父親からのご依頼の経緯  離婚したいが親権を絶対に獲得したいいとのことで、横浜在住の男性から当弁護士事務所に依頼された。なお、依頼された当時すでに夫婦は別居し、子どもは依頼者である父親のもとで生活していた。親権を獲得するためなら裁判
続きを読む >>

離婚原因の有無が微妙な事案で、訴訟により離婚を成立させた事例

依頼者属性 女性 主婦 40代相手方属性 男性 会社員 50代子どもの人数 0人手続きの種類 裁判離婚主な争点 離婚原因の有無、財産分与額 【依頼の経緯】  依頼者は離婚したいが、夫は全く応じてくれないということで依頼された。 【当事務所の対応】  依頼時、夫と同居をしているということだったので、すぐに別居するように指示した。夫に受任通知を出したが、離婚には応じないとの回答であったので、直
続きを読む >>

調査嘱託について詳細な申立てをして財産分与を獲得した訴訟事例

依頼者属性 女性 会社員 30代 相手方属性 男性 会社員 30代 子どもの人数 1人 手続きの種類 裁判離婚 主な争点 財産分与額 【依頼の経緯】  夫に浮気されたから離婚したいということで依頼を受けた。既に調停は依頼者自身で行って不成立で終了していたので、訴訟提起をした。 【当事務所の対応】  浮気された時点で既に夫婦仲は冷め切っており、離婚については双方に争いはなく、
続きを読む >>

将来の給与額を考慮してもらい、適正な婚姻費用で調停離婚を成立させた事例

依頼者属性 男性 研究職 40代相手方属性 女性 主婦 40代子どもの人数 1人手続きの種類 調停主な争点 婚姻費用 【依頼の経緯】  妻が離婚したいと言って家を出て行き、高額の婚姻費用を要求され、調停も起こされたため、依頼を受けた。 【当事務所の対応】  夫は研究職で、1年後に別の機関に移籍する話が出ていたが、移籍後の給料は20%ほど低くなる見込みであったため、減額後の給与額で婚姻費用を
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例