控訴審で高額の和解金を受領して和解離婚した事例

依頼者属性 40代女性

相手方属性 40代男性

子どもの人数 0人

手続きの種類 調停、訴訟

主な争点 離婚原因の有無

 

【依頼の経緯】

夫が半ば依頼者を追い出す形で、別居を強行し、離婚を請求してきた。依頼者は、離婚の意思はなく、婚姻継続を希望していたことから相談、依頼された 

 

【当事務所の対応】

当事務所の弁護士が代理して、依頼者が夫に対し、円満調停、婚姻費用分担調停を申し立てた。婚姻費用の調停を成立させ、生活費を確保。円満調停は不成立に終了し、夫が離婚訴訟を提起した。離婚原因を争い、詳細に主張、立証を展開。夫の離婚理由は、性格の不一致や親族との不仲等であった。 

 

【結果】

裁判の結果、依頼者が勝訴し、夫の離婚請求は棄却された。夫は高等裁判所に控訴した。第一審で自己の言い分が認められて勝訴し、依頼者としても、気持ちが落ち着いたことから、夫と離婚することも考えられるようになった。そこで、高額の和解金を支払うことを条件に和解離婚した。和解金は依頼者の希望金額のとおりであった。

 

【弁護士の一言】

第一審で勝ったことが最大のポイント。依頼者が同意しない限り離婚できない状況となったことから、こちらの希望するとおりの高額の和解金を受領することが可能となった。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例