DVの事案で調停離婚した事例

依頼者属性 30代女性

相手方属性 30代男性

子どもの人数 0人

手続きの種類 交渉、DV保護命令、調停

主な争点 財産分与、慰謝料

 

【依頼の経緯】

夫から継続的に暴力を受けていたことから、別居しDV保護命令を得た。しかし、その後も夫から依頼者や依頼者の親族等へ接触があった。また、離婚したいが、自身では交渉できないとのことで相談、依頼された。 

 

【当事務所の対応】

夫と離婚について交渉。受任後も夫が依頼者に接触してきたこと、また、保護命令の期限が切れることから、再度DV保護命令の申立をして、認められた。離婚の交渉は決裂したので、離婚調停を申し立てた。 

 

【結果】

調停により離婚が成立した。財産分与や慰謝料の金額について、争いはあったものの、互譲してまとまった。また、依頼者や依頼者家族への接近を禁止するなどの条項を盛り込んだ。

 

【弁護士の一言】

弁護士が夫に対し毅然たる態度をとって交渉してきたこと、再度の保護命令の申立や、離婚調停においても、接近禁止の条項を盛り込むなどし、依頼者の夫やDVに対する心理的不安を除去しつつ、解決に導いた。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例