離婚はせずに、相当額の婚姻費用を獲得した調停事例

依頼者属性 30代女性 無職
相手方属性 40代男性 会社員
子どもの人数 0人
手続きの種類 調停 
主な争点 婚姻費用

【依頼の経緯】

 夫と離婚したいが応じてくれない。また生活費を支払ってくれないとのことで依頼された。

【当事務所の対応】

 依頼者から事情を詳しく聞いたところ、離婚しても財産分与はほとんど見込めないこと、慰謝料についても立証が困難であって認められない可能性が高いこと、依頼者は病気をかかえているために稼働できないことから、離婚後の生活が成り立たないことが分かった。
 そこで、離婚はせずに、別居を継続し、夫から生活費をもらって生活する方が良いと判断し、そのように助言した。
 弁護士から夫に婚姻費用を支払うよう請求したが、夫は支払おうとしないので、直ちに家庭裁判所に婚姻費用分担調停を申し立てた。夫は、調停委員に対しても威圧的な態度で、生活費を支払わなければならないことに納得せず、また、源泉徴収票等収入を証明する資料も頑として提出しなかった。
 調停は不成立となって終了し、審判手続に移行した。

【結果】

 審判手続において、裁判官が夫を説得した結果、夫は源泉徴収票を提出し、さらなる裁判官の説得により、審判ではなく、収入に応じた相当額の婚姻費用を支払う調停が成立した。

【弁護士の一言】

 離婚したい場合でも、離婚後の生活が成り立たないのであれば、思いとどまるべきときもある。本件はまさにそのような事案であった。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例