早期に探偵会社に依頼をし、夫の年収の1.5倍の慰謝料を獲得した事例

依頼者属性 女性 パート 40代
相手方属性 男性 会社員 40代 
子どもの人数 1人
手続きの種類 協議離婚
主な争点 不倫の慰謝料

【依頼の経緯】

 夫が離婚したいと言って家を出て行き、居場所も教えてくれないとのことで相談を受けた。

【当事務所の対応】

 夫の態度から、弁護士としては夫の浮気を強く疑ったが、妻には寝耳に水の話で、浮気を裏付ける証拠を何もとっていなかった。妻には「探偵事務所に依頼すべき」と強く勧めたが、妻は費用がかかることから最初は渋っていた。

 弁護士から説得した末、最終的には妻も納得し、当事務所が懇意にしている探偵事務所に依頼した。そして、夫が会社を出るところから尾行してもらったところ、やはり女性宅に住んでいることが判明した。

【結果】

 夫はいわゆる有責配偶者(浮気した側)であり、一方で妻には夫婦の関係を破壊したといった問題はなく、また子どももいるので、妻が同意しない限り数年間は離婚できない。このことが証拠により決定的となったので、夫は全面降伏し、夫の年収の1.5倍の慰謝料をもらうことで合意した。

【弁護士の一言】

 早期に探偵事務所に依頼したことが良かったと思う。また、妻としても、訴訟で争って紛争が長期化するよりも、早く第二の人生をスタートさせたいと言っており、高額の慰謝料をもらえたことで満足していた。

 本件の場合は夫側に早く離婚したい事情があったために上記のような高額な慰謝料で合意することができたが、「離婚は当分先でもいい」という夫の場合、いきなり高額の慰謝料を請求すると開き直られて話し合いが長期化するので、夫の意向や現実的にもらえそうな金額の見込みを考えながら交渉すべきと思う。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例