法的手続を最大限に利用(保全、調停、訴訟、執行)した事例

依頼者属性 女性 無職 20代
相手方属性 男性 無職 30代
子どもの人数 0人
手続きの種類 裁判上の和解離婚
主な争点 離婚原因の有無、財産分与額、慰謝料

【依頼の経緯】

 夫が仕事をせず、生活が困窮した。離婚したいが、夫が話し合いに応じないとのことで依頼された。なお、依頼者が家を出る形で既に別居していた。

【当事務所の対応】

 みるべき財産は、自宅不動産のみであったことから、財産分与請求権、慰謝料請求権を保全するため、直ちに自宅不動産を仮差押えした。それとともに、離婚調停を申し立てた。夫が離婚に同意しなかったことから調停は不成立に終了し、離婚訴訟を提起した。

【結果】

 自宅不動産を依頼者の単独名義とすることとし、夫は自宅から退去することで和解。しかし、期限になっても夫が明け渡しに応じなかったことから、強制執行を申し立て、建物の明渡しを実現した。

【弁護士の一言】

 保全、調停、訴訟、執行とフルコースで、時間を要したが、法的手続を最大限に利用することで、確実に離婚をするとともに、財産分与、慰謝料等の依頼者の権利を実現することができたと思う。

解決事例の最新記事

法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例