有責配偶者の離婚についての質問

Q、有責配偶者は離婚できないのでしょうか?

「不倫した配偶者からの離婚請求は原則として認めない」というのが裁判所の考え方です。
 したがって、弁護士に相談しても、「不倫の証拠をとられている」と告げると、「離婚は無理ですね」と門前払いをされてしまうことが往々にしてあります。
 このような対応を受けて途方に暮れ、当事務所にいらっしゃる相談者は少なくありません。

 不倫してしまうと、本当に離婚できないのでしょうか?

 当事務所はそうは考えません。

(1)不倫の証拠をとられているか?

 裁判所が、「不貞」と認定するような証拠なのかどうか、それをまず検討する必要があります。

※相手(離婚を請求されている側)の考え方
証拠がないと裁判で負けてしまう場合もあるので、証拠があるかどうか、なければ証拠を新たにとることができるか、を検討します。
(2)不倫の時点で、夫婦関係が破綻していなかったか?

 仮に、不貞の確実な証拠をとられていたとしても、不貞の時点で、夫婦関係が既に破綻していたのであれば、「有責配偶者」にはあたりません。
 有責配偶者からの離婚請求が認められないのは、「夫婦関係の破綻の原因を作った側からの離婚請求を認めたら、相手がかわいそう」だからです。
   裏を返せば、不倫の時点で既に夫婦関係が破綻していたのであれば、それは、不倫が原因で破綻したとはいえないので、離婚請求も認められるわけです。他の異性に走ってしまったのは、もともと配偶者の態度が悪かったために、優しくしてくれた他の異性に心惹かれた、という場合もあります。
 有責配偶者だからと離婚をあきらめる前に、夫婦関係が既に破綻していることを示すような証拠がないか、それを検討します。

(3)示談交渉で離婚に応じてもらえないか?

 もちろん、もともと夫婦仲は悪くなかったのに、それでも他の異性に惹かれてしまう浮気性な人もいるでしょう。
 他方で、もともと夫婦仲が悪かったからこそ、他の異性に惹かれてしまった、というパターンも少なからずあります。
 そんな場合、離婚請求された妻または夫は「浮気しておきながら離婚を請求するなんて許せない!」と言いつつ、内心では「お金をもらってさっさと別れたい」と考えている場合もあります。そのような場合、交渉で離婚に応じてもらえる余地があります。

※相手(離婚を請求されている側)の考え方
仲の悪い夫婦関係を続けるのか、それよりもスッキリと第二の人生をスタートさせた方がいいのではないか、そのためにはどんな条件が必要か、を検討することが有益です。
(4)長期戦も視野に今後の人生を考える

 示談交渉でも応じてもらえない場合でも、裁判所の3要件(ア 別居期間が相当長く、イ 未成熟の子どもがおらず、ウ 相手方が離婚によって精神的、社会的、経済的に過酷な状況に置かれない)を満たせば、離婚は認められます。
 ひとまずは別居し、お互い冷却期間を置いてから離婚交渉を再開する、という方法もあります。冷却期間を置いたら、配偶者とやり直したいという気持ちが出てきた、という場合もあります。

 当事務所では、どちらのお立場でも、どんなパターンでも検討しますので、まずはご相談ください。


法律相談のご予約はお電話で 045-840-2444 面談は平日夜間、土日祝日も対応可能

最新トピックス・解決事例